WordPressで”Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded”が出た時の対処法(エックスサーバーの場合)

謎のエラー画面現る!

WordPressのサーバー設置も無事に終わり、記事をガリガリ書きたーい!

でもその前にデフォルトのブログデザインを変更して

より稼げそうな感じのレイアウトとかデザインにしたいよね!

より稼げそうな感じのレイアウトとか…

”Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded”

デザインにしたい…よ…ね…??

…って……なんじゃこりゃーーー!!!!!

何かしらのエラーなのはわかる。でも”fatal”って何??

日本語のない文章はホント勘弁!!

”Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded”とは??

WordPressCODEXによると、どうやらタイムアウトエラーの一種のようです。

Fatalerrorの問題解決

「エラーを修正するには多くの方法があります」

…ってことは割とメジャーなエラーってことね!

エックスサーバーのサーバーパネルでサクっと解決!

とりあえず「.htaccess」と「php.ini」を修正すればよさそうだけど、

ネットで見る感じ「php.ini」だけ対応すれば改善されるようです。

①サーバーパネルを開く

Xサーバーのphp.ini設定

あらやだ!意外とわかりやすい!!

②「php.ini設定変更」タブを選択する

Xサーバーのphp.ini設定

③「maximum execution time」を探す

設定ページ下部にある「その他の設定」の項目の中にあります。

Xサーバーのphp.ini設定

④数値を書き換える

デフォルトの”30”から”60”に書き換えましょう。

人によっては180とか長めに設定する方もいる様ですが、

60でも問題ないです!

よかった、画面ちゃんと出てきたーーー!!!!!

WordPressへ画像がアップロードできないときにも有効

※2018.12.09追記

どうやらこの設定、ドメインごとに設定しないといけないようで。

同じサーバーに別ドメインのWordPressブログを入れているのですか、

そちらのブログでなかなか画像がWordPressにアップロードできませんでした。

WordPressで画像がアップロードできないときは”Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded”タイムアウトエラーが原因ですよ

この原因もどうやら同様のタイムアウトエラーだったみたいです。

パソコンで作業してると単に、「HTTPエラー」としか出てこないから

まあわかりにくいですよね(;’∀’)

androidでも試してみたので判明しました。

今後複数のサイトを運営される予定の方はご参考にしてください。

エックスサーバーならエラー修正がとても簡単

「php.iniの設定を変える」と聞いて

難しいコードを触らないといけないのかと思いましたが…。

わかりやすい設定ページがあってホントよかったです。

技術的なことに明るくないので、エックスサーバー
にしておいて正解でした!

WordPress初心者におすすめのエックスサーバー


  1. データの自動バックアップ機能
  2. 独自SSLを無料で利用可能
  3. ドメイン無料や初期費用半額などのキャンペーン多数

直感的に使いやすいインターフェースに、初心者でも安心のサービス。
サーバー選びに迷ったらエックスサーバーが安心です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です